教材の主役はDVD講義

スケジュールの次は、学習におけるポイントを紹介しましょう。
簿記に関わらず、初学者の方にとって用語すらわからない新しい知識を吸収するのはとても大変なことです。そんな状態で、わからないことばかりが書かれているテキストだけで学習をしていては、学習意欲も低下してしまいます。

そこで提案したいのが、学習の始めにDVD講義をひととおり試聴してしまうという方法です。その理由は2つあります。
まずは、DVD講義を試聴するという行為が飽きにくいということ。もうひとつは、DVD講義を試聴することで、初学者の方が以降に学習する範囲を大まかながら把握できるということです。

メインはDVDでテキストはサブ

ではなぜ、DVD講義の試聴がテキストに比べ飽きにくいのでしょうか。それは、DVD講義を試聴するという行為が、テキスト以上に感覚器官を活用し脳に刺激を与えているからなのです。

つまり、テキストを読みメモやノートを取るという行為で使用する感覚器官は、視覚(読む)と触覚(書く)の2つです。対して、DVD講義の試聴ではそこに聴覚(聞く)が加わり、3つの感覚器官を活用します。

また、視覚の活用もテキストの静止状態の文字とDVD講義の映像では、その情報量は数倍にもなります。テキストよりも多く、そして強く感覚期間を活用するDVD講義は脳への刺激もより多くなることは間違いありません。

脳への刺激を強くするということは、飽きの防止のみならず知識の記憶量も高まるということが脳科学でも立証されている事実です。となれば、DVD講義をフル活用しない手はありません。

これからの学習でメインとなるのはテキストではなくDVD講義といっても過言ではありません。DVD講義を試聴してテキストで補足する、そんな学習がより良い学習効果を生み、日商簿記2&3級の同時合格を実現させるのです。

そこで、DVD教材のクオリティにはこだわりたいものです。ストレスを与えない高画質で高音質なことはもちろん、わかりやすく画期的なシステムを導入した高品質なDVD教材を選ぶことが重要であることがおわかりでしょう。

<< 前のページ次のページ >>


>>もっとも効果的な勉強方法がわかる講座<<